recentcalendarプラグイン

calendarプラグインで作成したページのうち、 当日以前(正の件数)または、当日以降(負の件数)の日付のページ内容を表示します。

{{recentcalendar カレンダ名,[-]表示件数[+][-],[段落名]}}

デフォルトでは1件のみ表示しますが、表示件数を指定することもできます。 表示件数に負数を指定すると当日以降の日付のページ内容を表示します。

{{recentcalendar カレンダ名,[-]表示件数}}

表示件数の後ろに+記号を付け加えることで、 今日のページ内容を表示しないこともできます。

{{recentcalendar カレンダ名,表示件数+}}

表示件数の後ろに-記号を付け加えることで、 表示される日付の順序を反転させることができます。

{{recentcalendar カレンダ名,表示件数-}}

段落名を指定することで、各ページの一部分だけを表示することもできます。 各ページに「概要」という名前のセクションを用意しておき、 一覧では「概要」だけを表示するといったように使います。

{{recentcalendar カレンダ名,[-]表示件数[+][-],段落名}}

calendarプラグインで作成したページのうち、当日以前の日付のページ内容を表示します。

{{recentcalendar カレンダ名}}

デフォルトでは1件のみ表示しますが、表示件数を指定することもできます。

{{recentcalendar カレンダ名,表示件数}}

表示件数の後ろに+記号を付け加えることで、 今日のページ内容を表示しないこともできます。

{{recentcalendar カレンダ名,表示件数+}}

段落名を指定することで、各ページの一部分だけを表示することもできます。 各ページに「概要」という名前のセクションを用意しておき、 一覧では「概要」だけを表示するといったように使います。

{{recentcalendar カレンダ名, [表示件数[+]],段落名}}